| カテゴリ バリアフリー

手話(始まりへの旅)(読売新聞2009-05-10)

「手話」のルーツとなる「手勢」

◇京都から始まった

慈愛の精神 聾者導く

4本と2本の指先を合わせ、右手をくるっと半回転させながら下げていく。「季節」を表す手話だ。古都で誕生し、幾つもの季節を経て洗練された「視覚言語」の歴史は、或る教育者の存在なくして語れない。

新緑が眩しい。古都世界遺産の1つ、仁和寺の二王門を潜り、参拝客らで賑わう境内を抜けた。御室の山々が迫り、その麓に学舎が見える。

京都府立聾学校。京都市右京区に位置し、聴覚障害の子どもたち82人が通う。校庭で出会ったのは高等部2年生の生徒ら。手指を素早く動かし、顔の表情も使って、何やら談笑していた。手話だ―

「陸上部の練習について話しているようです」と、教務部長の丸山二郎さん。ここでは幼稚部から高等部まであって、手話は小学部から学ぶという。

聾者にとって欠かせない、そのコミュニケーションの手段が形成されたのは何時か。歴史を辿ると、この学校の前身「盲唖院」に行き着く。明治前期、日本で初めて誕生した聾学校だ―

手話を語る時、先ず、記さねばならない名前がある。古河太四郎。幕末の弘化2年(1845)、京の西陣辺りで生まれ、近代障害児教育の先覚者」とされている。

700人近い生徒を抱える寺子屋が生家とあって、幼少から文武に親しみ、明治維新後、自らも読み書きを指導した。折しも、東京奠都で停滞感が漂う街を人材育成で活性化するため、明治2年(1869)、64の小学校が設けられ、古河も、その教師に就いた。

事件が起きたのは、その翌年の事。水不足に悩む農民らのため池開発を支援して国の許可書を偽造し、投獄された。或る日、獄舎の窓から、耳の不自由な2人の子が殴られ、からかわれているのを見た。障害者への過酷な差別があった時代。聾者は孤立し、意思伝達の手段も持ち得なかった。

獄中で、こう綴った―

盲唖もまた人なり…人に軽蔑且凌辱せらるるのことわりなし

教育の機会を与えないのは、過ち―そう考え、2年後に自由の身となって復職してから、生家に近い小学校で、あの2人を含む3人の障害児を教え始めた。地元の有力者の助力を得て、校内に専用の教室も造ったという。

耳の聞こえない生徒とどう意思疎通を図ったのだろう。「互談する所に注目し其意を酌み」と、古河は書いている。身振り手振りで「互談」する生徒らを観察し、手指や顔の動作1つひとつが何を示すか、探っていったらしい。

「魚の泳ぐ姿を真似た手の仕草が『魚』を表すとか、湯飲みの形にして口にもっていくのが『飲む』だとか、意味が通じる動作が徐々に増え、それを使って文字を教えていった」と、日本手話研究所の高田英一所長は言う。

動物、草木、衣服、色…様々な事物や事象を示す動作はやがて100を数え、古河手勢しゅせいと名付けて文法化に取り組んだ。国内での手話の原型だ。

未だ初歩の段階ながら、その手法は評判を呼んだ。明治天皇が明治10年(1877)6月に視察したのを機にして、親たちが障害児教育を求める運動を展開していく。古河も呼応して教育施設の拡充を訴え、遂に京都府が動いた。

東西両本願寺や有力者らから現在価値で5000万円以上の寄付も集まり、現在の中京区で盲唖院が開校されたのは翌11年(1878)年5月。聴覚障害の31人と視覚障害の17人が入学し、式典で初代院長の古河と生徒が手勢を披露した。獄舎の前で苛められていたあの2人だ。

当時の新聞から、熱気が伝わってくる―

「院中の人々驚き感服したり」
「此の開業は実に我国の美事と云ふべし」

古河は、動作を1つひとつ図示した『形象手勢』に加え、指で日本語の五十音を表す「指文字」も考案して『五十音手勢図』を作成し、教育に生かした。

院長を11年務めて退職し、明治40年(1907)、62歳で生涯を閉じたが、教え子らの交流が聾者の全国組織結成へ繋がり、手勢手話として発達していく。

孫の清明さんが語る。「祖父は晩年、大阪でも盲唖院の開校に関わりました。将に障害児教育に捧げた人生でした」

盲唖院は開校翌年の明治12年(1879)、京都府庁の南に移り、やがて聾学校となって戦後、御室に学舎を構えた。

手話は改良を重ね、古河が編み出した単語の多くは既に使われていない。「指文字」も、より分かり易い形式に取って代わられた。

高田さんらが編む手話辞典に収録された語の数は、最新版で8300余り。当初とは比べものにならないが、「ここまで洗練されたのも先生の功績があればこそ。我々の恩人です」と言う。

自らも8歳の時、病気で失聴し、府立聾学校で学び、そして手話研究の一線に立っている。視覚言語とも呼ばれる現在、尚残る古河の「言葉」が懐かしい。

手探りのふれあいの中から生まれた魚も、草も、山も

◇世界初はパリで

手指の形や動き、顔の表情などで意味を伝える手話は、1760年(宝暦10)、フランス・パリで世界初の聾学校を開設したド・レぺが考案し、教育に採り入れたのが始まりとされる。世界各国で、異なる手話が用いられているという。

厚生労働省の実態調査(平成18年=2006)によると、日本で身体障害者手帳を持つ聴覚障害者は約27万6000人で、うち約5万2000人が手話を日常的に使っている。


posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー

| カテゴリ バリアフリー

盲学校にオルゴール贈り続け半世紀 匿名で電話「卒業生は何人?」(読売新聞2009-03-11)

山梨県立盲学校(甲府市下飯田)に匿名の女性が昭和39年(1964)から贈り続けているオルゴールが今年も届き、内松太一校長が10日の卒業式で、卒業生1人1人に手渡した。

毎年、卒業式が近づくと「今年の卒業生は何人ですか」と女性の声で学校に電話がある。女性は名乗る事はない。今年は、3月初めに木製オルゴール(縦15cm、横20cm、高さ10cm)が10個届いた。

蓋を開けると、「カノン」か「星に願いを」のメロディーが流れる。「あなたの上に、神のご加護がありますように」と点字メッセージが入っている。

幼稚部、高等部など12人の卒業生のうち、これまでにオルゴールを貰っていない10人が受け取った。幼稚部を卒業した女の子は「早く聴きたいな」と笑顔を見せていた。

赤井美知江教頭は「感謝の気持ちで一杯です。贈り主は女性としか分かりませんが、詮索しないようにしています」と話した。



※(参照)「匿名女性から今年もオルゴール 県立盲学校の卒業生に届く」(山梨日日新聞2009-03-11)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー

| カテゴリ バリアフリー

匿名女性から今年もオルゴール 県立盲学校の卒業生に届く(山梨日日新聞2009-03-11)

オルゴールの螺子を巻く修了生

甲府・県立盲学校で10日、卒業式が行われた。今年も匿名の女性からオルゴールが届き、進学や就職で学校を巣立つ10人が受け取った。

同校によると、オルゴールが届くのは今年で45回目。2月末に女性から修了・卒業生の人数を確認する電話があったという。オルゴールは「カノン」と「星に願いを」の2種類があり、「ご卒業おめでとうございます。あなたの上に神様のお守りを祈ります」と点字でメッセージが添えられていた。

高等部を卒業し、4月から県内の授産施設で働く男性は「毎年オルゴールを贈り続けてくれる善意が嬉しい」と話していた。

式では内松太一校長が幼稚部と高等部の修了・卒業生に修了・卒業証書を手渡し、「盲学校で学んだ、人を信頼する事、感謝する事を忘れずに歩み続けて下さい」とはなむけの言葉を述べた。

また、卒業式には市内の生花店から花束が贈られた。今年で29回目。



※(参照)「盲学校にオルゴール贈り続け半世紀 匿名で電話『卒業生は何人?』」(読売新聞2009-03-11)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー

| カテゴリ バリアフリー

骨伝導の聴覚補助具 府応援新製品第1号に(京都新聞2008-01-30)

補聴器より簡単で割安という難聴者向けのタッチ式骨伝導スピーカー

京都府はこの程、難聴の人が簡単に利用できる骨伝導タッチ式スピーカーを、中小企業応援条例の「新技術開発応援制度」第1号に認定した。府が随意契約で買い入れ、府庁や広域振興局の相談コーナーなど11か所で、来庁者に活用してもらう。

府が認定したのは、栄進電気(京都市伏見区)が開発した難聴者向け聴覚補助具の新商品。骨伝導式スピーカーは、音声を振動に変換。耳の横にスピーカー部を軽く押し当てる事で、耳が遠くても簡単に相手の声を聞き取れる

栄進電気は「病院や役所、銀行などで活用すれば、難聴者のバリアフリーに繋がる」と話している。4月頃発売予定で、価格は5万円前後の見込み。

府の新技術開発応援制度(中小企業チャレンジバイ)は、府内の中小企業を支援するのが目的。認定企業の新製品を府が随意契約で買い入れて販路の開拓に道筋を付ける。

posted by 御堂 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー

| カテゴリ バリアフリー

車椅子で石室見学OK―藤ノ木古墳の整備事業(奈良新聞2008-01-23)

車椅子でも見学できるように整備された藤ノ木古墳の石室入り口

豪華な副葬品の出土で知られる斑鳩町の藤ノ木古墳(6世紀後半)の石室が、車椅子でも見学できるように整備された。羨道と呼ばれる入り口部分にステンレス板の通路を設置。墳丘裾との高低差もなくした。同町は整備の終わった石室を来年度から年2回ずつ特別公開する方針で、「車椅子で入れる石室は全国的にも初めてでは。大勢の人に見学して欲しい」と話している。

石室は長さ約8・3mの羨道の奥に玄室があり、家形石棺が安置されている。羨道は床から天井までの高さが約2・4mと非常に広く、車椅子でも利用できる通路の設置が実現した。

40cm程の高さに格子状のステンレス板を敷き、透明のアクリル板を通して羨道の床面が観察できる。玄室への立ち入りは禁止だが、入り口から巨大な家形石棺を間近に見られる…

関連記事を読む
posted by 御堂 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー

| カテゴリ バリアフリー

難聴者に映画の楽しみを 精華の要約筆記団体、上映邦画に字幕(京都新聞2007-12-04)

映画に字幕を付ける作業を進める要約筆記サークル「ひまわり」のメンバーたち

京都府精華町の要約筆記サークル「ひまわり」の会員たちが、同町社会福祉協議会が15日に上映会を行う映画「そうかもしれない」に、字幕を付ける地道な作業を続けている。台詞だけでなく、難聴者に雰囲気が分かり易いよう、情景描写も独自に工夫している。

「ひまわり」は平成8年(1996)結成で、会員は30代以上の女性9人。町内の福祉イベントや講演会で要約筆記を行っている。毎年、上映会を催している町社協から字幕作成の依頼を受け、取り組む事にした。映画配給会社からシナリオと試写映像を10月に受け取り、7人の会員で分担。パソコンソフトで字幕を打ち込んだ。

映画は、質素に暮らす老夫婦の淡々とした日常を描いた1時間46分の作品で、認知症の老妻を見守る夫が癌を発症し、最期の日々を過ごすストーリー。

アクションの少ない映画だけに、情景描写では「ヒールの音が近づいてくる」「そっとふすまを開ける音」「まだベルが鳴っている」など、感情や静かな雰囲気が伝わりやすいよう工夫。間が空く時は「…」、BGMだけが流れる時は「♪」印を入れ、見ていて不安を感じにくいようにした。

字幕は画面の右外側に映写。3日に町地域福祉センターかしのき苑で行った試写作業では、字幕を映すタイミングを調整したり、内容の最終チェックを行った。同会代表の中本千晶さん=同町光台七丁目=は「難聴だからと敬遠していた人にも映画を楽しんでもらえる。字幕作業なら家でもでき、要約筆記の活動の幅も広がる」と話している。

上映会は15日午前10時半、午後2時の2回、かしのき苑で町民対象に行われる。入場無料。

posted by 御堂 at 04:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー

| カテゴリ バリアフリー

車椅子で快適に 京都観光の情報サイト(毎日新聞2007-11-14)

三十三間堂のスロープで、バリアフリーの調査をする山本さん(右)ら

全国脊髄損傷者連合会(全脊連)京都府支部(八幡市)が、初となる車椅子利用者専用の京都観光案内ウェブサイトを立ち上げた。バリアフリー観光の実現を目指し「ばりかん!」と命名。通常の案内と共に車椅子利用者に必要な12項目の情報を収録した。既に160か所の実地調査を終え、300か所の掲載を目指す。

昨年10月、20歳から車椅子を利用している副支部長の山本英嗣さんが立案。会員が手分けして、観光地で段差や階段、身障者用スロープやトイレの有無、補助犬同伴の可否などを調べた。ホームページ上の段差などの写真をクリックすると拡大されたり「数人の介助が必要」というコメントを読めたりする。

銀閣寺八坂神社などはアップ済み。宇治の平等院、丹後の天橋立にも足を延ばした。13日、三十三間堂を調査した山本さんは「なんと言っても『ばりかん!』は無料。身障者にとっても京都が国際観光都市である事を伝えたい」と話した。

― ◇ ◇ ◇ ―

→※(参照)車椅子利用者専用の京都観光案内ウェブサイト「ばりかん!」


posted by 御堂 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリアフリー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。