| カテゴリ 近現代

童謡「赤い靴」の親子像 小樽に建設!(小樽ジャーナル2007-06-04)

20070604o.jpg

童謡「赤い靴」親子の像を小樽に造ろうと、建設委員会が2月に発足し、6月4日から募金の協力を全国各地に求めている。

童謡「赤い靴」は、野口雨情が作詞した詩に、本居長世が曲をつけて、大正11年(1922)に誕生した。札幌の「北鳴新報社」で勤務していた雨情と同居していた鈴木志郎の妻・かよが、幼くして手放した娘“きみ”への思いを打ち明けた事で誕生した童謡。

♪赤い靴 はいてた 女の子 異人さんに つれられて 行っちゃった…♪
この歌詞は、雨情が母親・かよの話から作った詩で、娘が異国の地で元気に暮らしているだろうという期待を込めて作られたが、現実は全く違っていたという。

童謡の主人公“きみちゃん”は、明治35年(1905)現静岡県清水市で、岩崎かよの長女として誕生した。貧因などの事情から、未婚の母かよは、当時3歳の“きみ”を連れて函館に渡り、鈴木志郎と出会い結婚した。

やがて夫婦は、新天地を求めて開拓地真狩村(現留寿都町)の平民社農場に入植したが、病弱な“きみ”を連れてゆけず、泣く泣く函館にいた外国人宣教師C.W.ヒュエット師夫婦の養女として預けた。

C.W.ヒュエット師は東京の青山学院の教師となり、米国デンバーに帰国する事になり、重い結核を患っていた“きみ”には長い船旅は困難と、東京の孤児院に託された。そして、僅か9歳という幼い“きみ”は、明治44年(1911)9月15日、東京麻布の病院で亡くなった。小さな亡骸は、青山墓地に埋葬された。

鈴木志郎は、野口雨情石川啄木と共に、小樽の「小樽日報社」に再就職したが、翌年に廃刊となり、鈴木夫妻は、大正3年(1914)にカトリック倶知安教会で洗礼を受けた。昭和15年(1940)小樽に移住し、カトリック富岡教会の門前に家を構えた。熱心なキリスト信者として小樽で暮らしたが、2人共亡くなり、最上町のカトリック墓地で永眠している。2人には、数名の子供や孫がおり、現在でも小樽に住んでいる人もいる。

この「赤い靴」にまつわる像は、既に全国4か所に建てられている。生まれ故郷の静岡県清水市に「母子像」。留寿都町「赤い靴公園」に「きみちゃんの像」「開拓の母の像」。亡くなった麻布十番の商店街に「きみちゃんの像」。母親・かよが、“きみちゃん”が元気に旅たったと信じていた、横浜・山下公園に「赤い靴女の子の像」の4か所。しかし、親子3人が揃った像はなく、小樽に初めて建設される。

赤い靴鈴木一家が小樽の町とカトリック教会と縁が深い事から、「今日の家族関係の荒廃の現状を憂いて、親子の絆の大切さを託したい。この世では薄幸だった“きみちゃん”が、天国で両親と幸せに暮らしている姿を夢に描いて」(高橋昭三建設委員長)と、カトリック富岡教会(富岡一)前に建立する。

親子3人の像のデザインや原型作成は、版画家・造形作家のナカムラアリさんが行う。亡くなった“きみちゃん”と同じ年頃の娘を持つナカムラアリさん。カトリック富岡教会・新海神父が、「8歳の女の子を持っているので、母と子の関係の思いが強いのでは」と製作を依頼。台座を含み高さ140cmのブロンズ像となり、台座には「赤い靴」のオルゴールが鳴る仕組み。義父の鈴木志郎と母・かよが椅子に座り、小さな“きみちゃん”の手と肩に触れ、幸せそうな笑顔で顔を合わせ、親子の絆の大切さが深く刻まれる像となる。

像の原型制作費80万円、像と台座制作費420万円、広報・渉外・事務費など30万円、除幕式費用60万円、オルゴール設営費60万円、メンテナンス料など30万円の計650万円の予定で、小樽市民や各団体などに募金を呼び掛けていくという。鈴木志郎氏の命日となる11月23日の勤労感謝の日に除幕式を予定している。制作費などの募金は、この日まで行い、それ以降の募金はメンテナンス費にするという。団体1口10000円、個人1口1000円より。問い合わせは「赤い靴・親子の像」建設員会 カトリック富岡教会内へ。



「赤い靴」の親子像 原型作業進む!今秋、富岡教会に設置!(小樽ジャーナル2007-08-16)

20070816o.jpg

今秋11月に、市内カトリック富岡教会(富岡一)周辺に設置予定の童謡「赤い靴」の親子3人像原型が、姿を現し始めた。像のデザインや原型作業を担当する、版画家・ナカムラアリさんは、現在、粘土での造形作業に入っており、1人1人の顔の表情など細部の取り組みに力を注いでいる。

野口雨情が作詞・本居長世が作曲した童謡「赤い靴」は、大正11年(1922)に誕生した。雨情と同居していた鈴木志郎の妻・かよが、幼くして手放した娘“きみ”への思いを打ち明けた事で誕生した童謡。

「赤い靴」にまつわる像は、既に全国4か所に建てられているが、親子3人が揃った像はなく、今回小樽で初めて建設される。この3人の像原型作業に取り組むナカムラアリさんは、“きみちゃん”と同じ年頃の娘を持つ。父は太陽、母は月、子供は一番星とイメージし、「じっと見てもらえるような作品にしたい。3人の像を見て、見る人の状況で色々な事を感じられるようなものにしたい」と慎重に作業を進める。

作業は、張碓にある知人の工房を借りて行っている。月曜日から金曜日、7時30分〜17時まで作業に没頭する。原型作りは、7月1日からスタートし、木材と縄で像の芯を造り、人間の形にするため粘土をつけていった。モデル撮影でイメージを膨らませ、3体の像を切り離して、細部のバランスを直している。

衣服も徐々につけていき、3体を合わせて調整したり、視線や手の位置や大きさを確認しながら、粘土をとったりつけたりの製作を進め、現在は約60%の完成度だという。「立体は、能面のように角度によってその表情を変える。何度も何度も像から離れたり、像を回転させたり、悩んだ」と話す。(ナカムラアリさんの製作日記より)

今後も細部の微調整を行いながら、9月末までに完成させる予定としている。この後、台座を含み高さ140cmのブロンズ像となり、台座には「赤い靴」のオルゴールを設置する事にしている。

この3人像は、鈴木一家が小樽の町とカトリック富岡教会と縁が深い事から同教会周辺に、鈴木志郎氏の命日となる11月23日に建立される事になっている。今年2月に発足した建設委員会は、全国各地に募金の協力を求めており、現在、目標額の650万円の約90%が集まっているが、「今後のメンテナンス料などもあるので、継続して集めていきたい」としている。



赤い靴の親子像、運河公園に設置!(小樽ジャーナル2007-10-19)

♪赤い靴 はいてた 女の子 異人さんに つれられて 行っちゃった…♪
童謡「赤い靴」の全国初めての親子3人像が、11月23日に、旧日本郵船小樽支店前の運河公園内(色内三)に設置される事になった。

「赤い靴」の親子3人像のモデルとなった鈴木一家は小樽に住み、カトリック富岡教会とも縁が深い事から、完成した像は、当初、同教会敷地内に設置される予定だったが、全国に募金を呼び掛けた結果、多くの賛同者を得て目標を大きく上回る金額が集まったため、多くの人の目に触れられるようにと、カトリック富岡教会から運河公園内に設置場所を変更する事になった。

童謡「赤い靴」は、野口雨情が作詞・本居長世が作曲し、大正11年(1922)に誕生した。雨情と同居していた鈴木志郎の妻・かよが、幼くして手放した娘“きみ”への思いを打ち明けた事から生まれた童謡。「赤い靴」の像は、既に全国4か所にある。

今年2月に建設委員会が発足し、6月から募金の協力を全国各地に求め、7月から像の原型制作が始まっていた。10月8日現在、全国の660人から、目標額650万円を上回る892万5092円の募金が集まった。

このため、同委員会では、全国規模の熱い想いを受けた親子3人像の設置場所を再考した結果、「教会の敷地内に設置するよりも、多くの人々が気軽にふれあい憩える場所に」と、小樽市の運河公園内に設置する事を10月12日に決めた。運河公園前の旧日本郵船小樽支店の建物に向かって左側のベンチの間に、噴水を見るように設置される予定。台座からは、「♪赤い靴 はいてた 女の子 異人さんに つれられて 行っちゃった…♪」が、オルゴール音で流れ出る。

像の原型制作は既に終わり、今月末から来月初めには鋳造作業に入る事になっている。完成した像は、11月23日11時からの除幕式でお披露目される。それまで、募金活動も並行して続けられる。除幕式以降、建設委員会は保存会となり、今後の維持管理を行っていく事にしている。



「赤い靴」のブロンズ像誕生!全国初の親子3人像!(小樽ジャーナル2007-11-23)

「運河公園」に建てられた童謡「赤い靴」のブロンズ像

童謡「赤い靴」のモデルの生き別れた親子3人が、90年もの歳月を経て、ブロンズの親子像となって、ようやく小樽の地で再会を果たした。

全国初の親子3人のブロンズ像が、11月23日に、旧日本郵船小樽支店前の運河公園(色内三)に誕生した。

童謡「赤い靴」(作詞・野口雨情、作曲・本居長世)は、主人公“きみちゃん”の母・かよが、幼くして手放した娘への想いを、雨情に打ち明けた事で、大正11年(1922)に生まれた。娘が異国の地で元気に暮らしているだろうという期待を込めて作られた。

これまで、“きみちゃん”と母・かよの像は、横浜・山下公園や留寿都町など全国4か所に設置されているが、親子3人が揃った像はなかった。運河公園に誕生した親子3人像は、全国初めてのもの。モデルとなった鈴木一家が小樽に住み、小樽に所縁が深い事から設置された。今年2月に発足した建設委員会が、全国各地へ募金の協力を求め、実現した。

像が設置された運河公園で、23日11時から、除幕式が行われた。建設委員会など関係者約100人が集まり、「この親子3人像が家族の証として、多くの家族が訪れ、穏やかな気持ちになってもらいたい」(高橋昭三委員長)と挨拶した。建設委員長やカトリック富岡教会・新海雅典神父、像原型製作者ナカムラアリさんらが、オルゴールの音と共に白い幕を引き、実母・かよと義父・志郎氏に寄り添って、愛らしい笑顔を見せる“きみちゃん”の姿がお披露目された。

ブロンズ像は、高さ140cmで、台座からは「赤い靴」のオルゴール音が鳴る仕組みとなっている。原型製作者のナカムラアリさんは、「緑青の仕上げは見てなかったので楽しみにしていた。今日、完成したブロンズ像を見て、お母さんの顔が特に良く出来ていて感動した。沢山の人が訪れて像に触れて、ブロンズが持っている魅力を感じてもらいたい」と、完成した像を見つめていた。合唱団「ベル・コーラル」による「赤い靴」の合唱も行われ、天国にいる親子3人を偲んだ。

貧しさと病弱さのために生き別れてしまった親子3人が、この小樽の地でブロンズ像となって再会し、新たな幸せな時を過ごし始めた。

posted by 御堂 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近現代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。