| カテゴリ 中世

福島正則の検地帳を初公開(中国新聞2007-03-16)

公開される福島時代の検地帳。旧湯来町から広島市が継承した

関ヶ原の合戦(慶長5年=1600)の功績で安芸・備後の領主となった福島正則が翌年、今の広島市佐伯区湯来町で実施した検地記録が、広島城で17日始まる企画展「歴史資料の魅力」で、初公開される。「慶長六年安芸国佐西郡伏谷上村検地帳」と題する和綴じ本で、42ページ分が現存。旧湯来町役場が保存していた。伏谷上村の田んぼや、屋敷を調べ上げ、村の石高を403石余と集計している。企画展は5月30日まで。
※(参照)→福島正則の若き日の姿見つかる 清洲城主務めた戦国武将(中日新聞2009-04-26)
※(参照)→吉田城石垣の刻印末裔が確認(東海日日新聞2007-06-03)


posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中世
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36400219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。