| カテゴリ 古代

酒呑童子の副将、茨木童子(京都民報2006-09-09)

20060909kyo-min.jpg

大阪の茨木市を訪れると、九州太宰府に至る西国街道界隈には古くからの神社仏閣に遺跡が数多くありますが、町並みは段々と歴史的な民家がなくなってモダンな町へと変貌しています。

そんな茨木市ですが緑深き公園などはたくさん造られて良く整備されおり残暑厳しい中、涼を求めてたくさんの人が散策しています。

この公園を横断する道路の橋の欄干に写真のような一対の大きな石像があります。茨木童子と呼ばれています。

遠い昔、摂津の国のある農家に身籠もって16か月目にようやく生まれ男の子。なんと歯が生えていてすぐ歩き出し、びっくりしたお母は泡吹いて死んだ。童子になると人の血を舐めることを覚え、鏡をみると鬼の顔に。童子は京都の大江山に逃れ酒呑童子副将になり、人々を困らせ恐れられたとか。

→(参照)「茨木童子」こども電子図書館

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。