| カテゴリ 中世

和歌山大が郷土学習用DVDを作成 豊臣秀吉の太田城水攻めが題材(産経新聞2009-05-12)

hideyodhi-no-otajo-mizuzeme.jpg

和歌山大学(和歌山市栄谷)の紀州経済史文化史研究所が学習教材用DVD『秀吉の太田城水攻め 中世の自治から近世の平和へ』を作成した。今春から県内の高校や同市内の小中学校に計約1000部を配布している。

DVDは、天正13年(1585)に羽柴(豊臣)秀吉太田城(現在の同市太田)を水攻めした際、構築した堤防(出水堤防)の遺跡調査結果に基づきコンピューターグラフィックスで当時の様子を再現。武装集団が自治していた中世の和歌山が秀吉天下統一による支配へ移行する流れが約30分間で解説され、同研究所の海津一朗副所長は「郷土の歴史や文化を学ぶ教材としてだけでなく、和歌山の観光プロモーションにも役立てたい」と話している。

鑑賞した同大学の女子学生は「DVDなどの視聴覚教材はイメージが沸き、分かり易いと思う」と話していた。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)→「秀吉の太田城水攻め 中世の自治から近世の平和へ」(和歌山大学紀州経済史文化史研究所/DVD)



※(関連)→学習教材用DVD:秀吉の太田城の水攻め、CG映像で再現 作製し配布/和歌山(毎日新聞2009-05-14)


posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中世
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120320774
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。