| カテゴリ 近現代

企画展:姉川地震を振り返る 地震を知って震災に備える―県立琵琶湖博物館(毎日新聞2009-04-28)

◇「写真や報告書」「メカニズム」「防災グッズ紹介」の3部構成、揺れ体験や救助訓練も―6月7日まで

県北部を震源に多数の死者を出した姉川地震(明治42年=1909)を振り返る企画展示「100年前の大震災・姉川地震に学ぶその備え」が、県立琵琶湖博物館(草津市下物町)で始まった。6月7日まで、無料。

姉川地震は、虎姫町付近を震源に震度6程度の揺れが起き、県内をはじめ岐阜県にも被害が及んだ。展示は、

・当時の写真や報告書などによる被害の説明
・地震のメカニズムの解説
・緊急時に使う浄水器などの防災グッズの紹介

の3部で構成されている。

29日から5月6日までのゴールデンウイーク期間中は、同博物館駐車場に起震車「グラグラ号」が訪れ、地震の揺れ体験もできる。また29日には県の防災ヘリ「淡海」による救助訓練も行われる。

月曜定休(月曜が祝日の場合は開館)。午前9時半〜午後5時。問い合わせは同博物館へ。



※(関連)→姉川地震に学べ!!(滋賀報知新聞2009-05-10)
※(関連)→100年前の「姉川地震」振り返る 琵琶湖博物館で資料展(中日新聞2009-05-10)
※(関連)→姉川地震、防災学ぼう 発生から100年 琵琶博で企画展(京都新聞2009-04-26)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近現代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。