| カテゴリ 古代

豪華絢爛御輿勇壮に 宇治神社・神幸祭(京都新聞2009-05-09)

約1kmの道程を練り歩いた宇治神社の「神幸祭」

京都府宇治市宇治の宇治神社で8日、春の例祭があり、御輿を約1km離れた御旅所へ運ぶ「神幸祭」が営まれた。観光客や地元住民らは、豪華絢爛に飾られた御輿に魅入っていた。

毎年5月8日にある神幸祭は、1番組から10番組までの氏子が順番で担当。今年は10番組の約30人が参加した。

宇治神社では、花房義久宮司が御神霊を御輿に納めた後、祝詞を読み上げた。氏子たちは台車に乗せた約1tの御輿を引いて神社を出発、狭い路地や宇治橋を「もっとゆっくり」など声を掛け合いながら、宇治橋通の御旅所まで練り歩いた。

御輿は御旅所に1か月間置かれ、来月8日の還幸祭宇治神社へ戻る。



※(関連)→煌びやか、御輿巡行 宇治神社 神幸祭(おいで)で祭神を御旅所へ(洛南タイムス2009-05-09)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。