| カテゴリ 近世

明治の知事の活躍紙芝居に 「マリア・ルス号事件」が題材(読売新聞2009-05-09)

県が「マリア・ルス号事件」をテーマに作製した紙芝居の表紙

明治時代初期に当時の県副知事が清国人奴隷の解放に力を尽くした「マリア・ルス号事件」をテーマにした紙芝居を県が作製し、販売を始めた。

事件は、明治5年(1872)、横浜港に寄港したペルー船籍「マリア・ルス号」に多くの清国人が奴隷として乗せられている事が分かり、当時の県副知事にあたる大江卓権令ごんれい(=副知事)が県庁内で臨時法廷を開き、裁判長として清国人の解放を決めた―との内容。紙芝居ではこの事件の内容をB4判12枚の絵と文章で分かり易く伝えている。県は、今年が横浜開港150周年でもあり、開港後の横浜の様子を知ってもらおうと作製した。

1800部作製し、県内の全小学校や図書館に配布したほか、県庁でも1部446円で販売している。県のホームページからもダウンロードできる。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参考)→「マリア・ルス号事件」を題材とした紙芝居「タンキョー マリア・ルス号ものがたり」について(神奈川県のサイトより)



※(関連)→横浜開港150周年:19世紀の外国人保護事件 マリア・ルス号、紙芝居に(毎日新聞2009-05-09)
※(関連)→マリア・ルス号事件 題材に県が紙芝居制作(朝日新聞2009-05-08)
※(関連)→中国人奴隷解放に尽力 「マリア・ルス号事件」が紙芝居に(産経新聞2009-05-07)
※(関連)→マリア・ルス号事件 紙芝居で知ってね(東京新聞2009-05-04)


posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。