| カテゴリ 中世

太田で鏑矢祭 児童、空へ放つ(東京新聞2009-05-09)

20090509to.jpg

新田義貞鎌倉攻め旗揚げをした地とされる太田市新田市野井町の生品いくしな神社で8日、鏑矢かぶらやが開かれた。黒袴に鉢巻き、たすき掛けの男子小学生64人が、竹製の弓で矢を2度、空に向けて放った。

義貞が元弘3年・正慶2年(1333)に挙兵した際、鎌倉の方角に向けて矢を放ち、吉凶を占ったという故事に因んだ行事。儀式を掌る茂木晃さんの指導で、地元の生品小学校6年生が4月から放課後に練習して臨んだ。同小の柳悠真くんは「伝統的な行事に参加で着て良かった。本番はちゃんと矢を放つ事ができ、練習して良かった」と話していた。



※(関連)→新田義貞に因み鏑矢祭 太田・生品神社(朝日新聞2009-05-10)
※(関連)→新田氏所縁の太田・生品神社で鏑矢祭(上毛新聞2009-05-09)


 

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中世
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。