| カテゴリ 古代

立夏の街に威勢よい掛け声 宇治上神社・還幸祭 槇島から宇治橋渡り境内へ(洛南タイムス2009-05-08)

世界遺産宇治がみ神社=宇治市宇治山田=の還幸祭が5日に行われ、同神社を氏神にしている槇島東地区の各町内に御輿が巡行。威勢の良い触れ太鼓とワッショイ、ワッショイの掛け声が立夏の街に響き渡った。

家内安全やその年の豊作を祈願する宇治上神社恒例の祭礼。1日の神幸祭同神社から槇島集会所(槇島町北内)に御輿と牛車を思わせる鳳輦が神社奉賛会の氏子らによって運ばれていた。

「こどもの日」(立夏)の還幸祭では、触れ太鼓に続いて子どもたちが鳳輦を引っ張り、「世界文化遺産 国宝 宇治上神社祭礼」と記したのぼりを立てた御輿がこれに続いて地区内を巡行した。

地元の伝統行事を盛り上げようという氏子総代の熱意に呼応し、還幸祭には今年も校区の北宇治中学校からも生徒会の前田博之会長、書記の池森友美さん、バレーボール部女子の2年生部員16人が参加。

中学生の積極的な参加で伝統の祭礼は盛り上がり、途中で御輿に長柄を付けて、折からGW中の行楽者で賑わう宇治橋を元気に渡り、宇治上神社へと巡行した。


posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。