| カテゴリ 近世

マリア像祈りの行進 乙女峠まつり(読売新聞2009-05-04)

マリア像を掲げて進む行列

キリスト教殉教者を偲ぶ「乙女峠まつり」が3日、津和野町後田の津和野カトリック教会などで行われた。西日本各地から集まった約2000人の信者が、聖母マリア像を中心に行列を作り、賛美歌や祈りの言葉を唱えなえながら、同教会から乙女峠のマリア聖堂までの約2kmを行進した。

津和野では慶応4年(1868)から5年間、長崎・浦上村のキリスト教信者153人が幽閉、改宗を迫られ、36人が殉教。昭和26年(1951)、乙女峠に殉教者を記念する聖堂が建てられ、翌27年(1952)から毎年まつりが行われている。

薔薇バラの花で飾られたマリア像は、白いベール姿の高校生8人が肩に乗せて静かに運び、その前を、やはりベール姿の町内の私立保育園・津和野幼花園の園児らが花びらを撒きながら先導。初夏の城下町観光に訪れた人たちも足を止め、厳かな行列に魅入っていた。



※(関連)→津和野で乙女峠まつり(山陰中央新報2009-05-04)
※(関連)→殉教者へ祈り 乙女峠まつり(中国新聞2009-05-04)
※(関連)→津和野で乙女峠まつり 殉教者を追悼(山陰中央新報2008-05-04)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。