| カテゴリ 近世

津和野で乙女峠まつり(山陰中央新報2009-05-04)

マリア像を担ぎ、津和野カトリック教会を出発する女子高校生ら

キリシタン殉教の地で知られる津和野町で3日、「乙女峠まつり」があった。全国各地から集まったカトリック信者約1500人が聖母行列や野外ミサに参列し、殉教者の霊を慰めた。

白いベール姿の高校生8人が担ぐマリア像の列は、地元保育園児の先導で津和野カトリック教会を出発。賛美歌を口遊くちずさみながら、新緑眩しい約2kmの道程を歩き、野外ミサ会場の乙女峠のマリア聖堂を目指した。

野外ミサでは関東地方から参加した熱心な信者らの姿もあり、聖マリア像に敬虔な祈り。聖堂は、殉教者に祈りを捧げる声と賛美歌の歌声に包まれた。

乙女峠まつりは、慶応4年(1868)から弾圧で捕らえられ、津和野藩により改宗を迫られ亡くなった長崎県浦上村のキリスト教殉教者36人を追悼するため、昭和27年(1952)から開かれている。



※(関連)→マリア像祈りの行進 乙女峠まつり(読売新聞2009-05-04)
※(関連)→殉教者へ祈り 乙女峠まつり(中国新聞2009-05-04)
※(関連)→津和野で乙女峠まつり 殉教者を追悼(山陰中央新報2008-05-04)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。