| カテゴリ 近現代

姉川地震、防災学ぼう 発生から100年 琵琶博で企画展(京都新聞2009-04-26)

姉川地震の災害記録写真に魅入る来館者たち

草津市の琵琶湖博物館で25日、明治42年(1909)に県北部の姉川付近で発生した姉川地震や、地震防災の取り組みを紹介する「100年前の大地震―姉川地震に学ぶその備え」が始まった。

地震の発生から100年となる事から、防災意識を高めてもらおうと、同館と県が企画した。姉川地震では、地震の規模を示すマグニチュードは6・8で、岐阜県を含め41人が死亡、約2400戸が全半壊した。

倒壊した民家や寺社の様子を撮った災害記録写真や地震の調査報告書、地震の起きる仕組みなどを解説したパネル約130点を展示しているほか、耐震シェルターや浄水装置など防災グッズも出品している。6月7日まで。無料。



※(関連)→姉川地震に学べ!!(滋賀報知新聞2009-05-10)
※(関連)→100年前の「姉川地震」振り返る 琵琶湖博物館で資料展(中日新聞2009-05-10)
※(関連)→企画展:姉川地震を振り返る 地震を知って震災に備える―県立琵琶湖博物館(毎日新聞2009-04-28)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近現代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118435637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。