| カテゴリ 近世

志津摩桜まつり:小倉藩名家老に因み 苅田で今日まで(毎日新聞2009-04-05)

幕末小倉藩家老、島村志津摩しづまが晩年を過ごした苅田町二崎の二崎山で3日、山桜を楽しむ「志津摩桜まつり」が始まり、夜神楽が上演された。まつりは5日まで続く。

小倉織や養蚕を奨励する藩政改革を進めた名家老、島村の顕彰を地域おこしに繋げようと、地元住民と町が初めて企画した。午後6時過ぎ、篝火かがりびに点火して、同町に伝わる南原神楽が始まると、桜も照らし出されて幻想的な雰囲気に。

5日は午前10時〜午後6時、二崎の農産物や漬物などの加工品を販売し、同6時半〜8時半、ライトアップされた夜桜が楽しめる。


posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。