| カテゴリ 古代

山吹御前の悲運偲び初法要 JR大津駅前(京都新聞2009-04-05)

山吹御前の悲運を語る旭堂小二三さんの講談に聞き入る人たち

平安時代末期の武将で、粟津の戦い(大津市)で討ち死にした木曽義仲の側室、山吹御前の法要が4日、大津市のJR大津駅前広場で営まれた。講談も披露され、集まった人たちは湖国の歴史に思いを馳せていた。

法要は、同市長等二丁目の泉福寺の竺文彦住職や大津駅前商店街の有志らが初めて開いた。竺住職らが読経した後、大阪府枚方市の女流講談師旭堂小二三さんが、歌舞伎や浄瑠璃で有名な『ひらかな盛衰記 山吹御前』を講談で披露した。

旭堂さんは、義仲を慕い、京から逢坂山を越えて東海道の大津宿に至ったものの、追っ手に追われ亡くなった山吹御前の悲運を切々と語り、通行人らが思わず足を止めて聞き入っていた。

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。