| カテゴリ 近世

マリア・ルス号事件 題材に県が紙芝居制作(朝日新聞2009-05-08)

紙芝居『タンキョー マリア・ルス号ものがたり』

明治時代初め、横浜港に入港した船から奴隷扱いされていた外国人労働者が解放された事件を描いた紙芝居『タンキョー マリア・ルス号ものがたり』を、県が制作した。

事件は明治5年(1872)、ペルー船マリア・ルス号が横浜港に停泊中、船から逃げた清国の労働者が、船内で奴隷扱いされていたと告発して発覚した。当時の副知事に相当する権令ごんれい(=副知事)の大江卓が裁判長を務め、清国人労働者230人余りが解放された。

紙芝居は、横浜開港150周年を記念して、開港当時の様子を伝えるために作られた。紙芝居作家の若山甲介さんやイラストレーターの笹尾としかずさんらが手掛けた。

B4判で12枚。本文の漢字にはルビがふられ、子どもにも演じられるようにした。1800部制作、県内の全小学校や図書館などに配られる。

県のホームページから無料でダウンロードできる。横浜市中区の県庁第2分庁舎1階県政情報センターで販売もしている。価格は446円。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参考)→「マリア・ルス号事件」を題材とした紙芝居「タンキョー マリア・ルス号ものがたり」について(神奈川県のサイトより)



※(関連)→横浜開港150周年:19世紀の外国人保護事件 マリア・ルス号、紙芝居に(毎日新聞2009-05-09)
※(関連)→明治の知事の活躍紙芝居に 「マリア・ルス号事件」が題材(読売新聞2009-05-09)
※(関連)→中国人奴隷解放に尽力 「マリア・ルス号事件」が紙芝居に(産経新聞2009-05-07)
※(関連)→マリア・ルス号事件 紙芝居で知ってね(東京新聞2009-05-04)


posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世

| カテゴリ 古代

立夏の街に威勢よい掛け声 宇治上神社・還幸祭 槇島から宇治橋渡り境内へ(洛南タイムス2009-05-08)

世界遺産宇治がみ神社=宇治市宇治山田=の還幸祭が5日に行われ、同神社を氏神にしている槇島東地区の各町内に御輿が巡行。威勢の良い触れ太鼓とワッショイ、ワッショイの掛け声が立夏の街に響き渡った。

家内安全やその年の豊作を祈願する宇治上神社恒例の祭礼。1日の神幸祭同神社から槇島集会所(槇島町北内)に御輿と牛車を思わせる鳳輦が神社奉賛会の氏子らによって運ばれていた。

「こどもの日」(立夏)の還幸祭では、触れ太鼓に続いて子どもたちが鳳輦を引っ張り、「世界文化遺産 国宝 宇治上神社祭礼」と記したのぼりを立てた御輿がこれに続いて地区内を巡行した。

地元の伝統行事を盛り上げようという氏子総代の熱意に呼応し、還幸祭には今年も校区の北宇治中学校からも生徒会の前田博之会長、書記の池森友美さん、バレーボール部女子の2年生部員16人が参加。

中学生の積極的な参加で伝統の祭礼は盛り上がり、途中で御輿に長柄を付けて、折からGW中の行楽者で賑わう宇治橋を元気に渡り、宇治上神社へと巡行した。


posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古代

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。