| カテゴリ 近世

マリア・ルス号事件 紙芝居で知ってね(東京新聞2009-05-04)

県が「マリア・ルス号事件」をテーマに作製した紙芝居

明治初期に当時の県副知事が中国人奴隷の解放に力を尽くした「マリア・ルス号事件」を題材にした紙芝居が完成し、製作した県が販売を始めた。

事件は明治5年(1872)に起きた。横浜港に寄港したペルー船「マリア・ルス号」から、奴隷として強制的に乗船させられていた中国人約200人が脱出し、救助を求めた。当時の県副知事に当たる大江卓権令ごんれい(=副知事)は県庁内に臨時法廷を開き、中国人の解放を決めた

紙芝居は、こうした歴史的経緯をB4判12枚の絵とシナリオにより分かり易く伝えている。1800部作製し、県内全小学校や図書館に送ったほか、県庁でも1部446円で販売する。また、県のホームページからも自由にダウンロードできる。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参考)→「マリア・ルス号事件」を題材とした紙芝居「タンキョー マリア・ルス号ものがたり」について(神奈川県のサイトより)



※(関連)→横浜開港150周年:19世紀の外国人保護事件 マリア・ルス号、紙芝居に(毎日新聞2009-05-09)
※(関連)→明治の知事の活躍紙芝居に 「マリア・ルス号事件」が題材(読売新聞2009-05-09)
※(関連)→マリア・ルス号事件 題材に県が紙芝居制作(朝日新聞2009-05-08)
※(関連)→中国人奴隷解放に尽力 「マリア・ルス号事件」が紙芝居に(産経新聞2009-05-07)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世

| カテゴリ 近世

マリア像祈りの行進 乙女峠まつり(読売新聞2009-05-04)

マリア像を掲げて進む行列

キリスト教殉教者を偲ぶ「乙女峠まつり」が3日、津和野町後田の津和野カトリック教会などで行われた。西日本各地から集まった約2000人の信者が、聖母マリア像を中心に行列を作り、賛美歌や祈りの言葉を唱えなえながら、同教会から乙女峠のマリア聖堂までの約2kmを行進した。

津和野では慶応4年(1868)から5年間、長崎・浦上村のキリスト教信者153人が幽閉、改宗を迫られ、36人が殉教。昭和26年(1951)、乙女峠に殉教者を記念する聖堂が建てられ、翌27年(1952)から毎年まつりが行われている。

薔薇バラの花で飾られたマリア像は、白いベール姿の高校生8人が肩に乗せて静かに運び、その前を、やはりベール姿の町内の私立保育園・津和野幼花園の園児らが花びらを撒きながら先導。初夏の城下町観光に訪れた人たちも足を止め、厳かな行列に魅入っていた。



※(関連)→津和野で乙女峠まつり(山陰中央新報2009-05-04)
※(関連)→殉教者へ祈り 乙女峠まつり(中国新聞2009-05-04)
※(関連)→津和野で乙女峠まつり 殉教者を追悼(山陰中央新報2008-05-04)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世

| カテゴリ 近世

津和野で乙女峠まつり(山陰中央新報2009-05-04)

マリア像を担ぎ、津和野カトリック教会を出発する女子高校生ら

キリシタン殉教の地で知られる津和野町で3日、「乙女峠まつり」があった。全国各地から集まったカトリック信者約1500人が聖母行列や野外ミサに参列し、殉教者の霊を慰めた。

白いベール姿の高校生8人が担ぐマリア像の列は、地元保育園児の先導で津和野カトリック教会を出発。賛美歌を口遊くちずさみながら、新緑眩しい約2kmの道程を歩き、野外ミサ会場の乙女峠のマリア聖堂を目指した。

野外ミサでは関東地方から参加した熱心な信者らの姿もあり、聖マリア像に敬虔な祈り。聖堂は、殉教者に祈りを捧げる声と賛美歌の歌声に包まれた。

乙女峠まつりは、慶応4年(1868)から弾圧で捕らえられ、津和野藩により改宗を迫られ亡くなった長崎県浦上村のキリスト教殉教者36人を追悼するため、昭和27年(1952)から開かれている。



※(関連)→マリア像祈りの行進 乙女峠まつり(読売新聞2009-05-04)
※(関連)→殉教者へ祈り 乙女峠まつり(中国新聞2009-05-04)
※(関連)→津和野で乙女峠まつり 殉教者を追悼(山陰中央新報2008-05-04)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世

| カテゴリ 近世

殉教者へ祈り 乙女峠まつり(中国新聞2009-05-04)

乙女峠を目指す聖母行列

キリシタン殉教者の霊を慰める乙女峠まつりが3日、島根県津和野町であった。信者約2000人が全国から集まり祈りを捧げた。

信者たちは殿町通りの津和野カトリック教会を出発。白いベール姿の女子生徒が担ぐマリア像を中心に、約2km離れた乙女峠を目指した。沿道には大勢の観光客や町民が詰め掛け、行列をカメラに納めていた。乙女峠にあるマリア聖堂の広場では野外ミサを開き、弾圧による殉教者の霊を慰めた。

乙女峠には慶応4年(1868)から明治6年(1873)にかけて長崎県の教徒153人が改宗を迫られ幽閉され、36人が殉教した。



※(関連)→マリア像祈りの行進 乙女峠まつり(読売新聞2009-05-04)
※(関連)→津和野で乙女峠まつり(山陰中央新報2009-05-04)
※(関連)→津和野で乙女峠まつり 殉教者を追悼(山陰中央新報2008-05-04)

posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近世

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。